タニミズホールディングス採用サイトTOP > 仕事を知る > サービスコンシェルジュ(フロント)

KNOW THE WORK

仕事を知る

  • 主にどのような仕事をしていますか?
  • フロントで受付業務を担当しています。1日あたりの来場者は、およそ150~250名。スムーズなご案内を心がけ、お客さまの氏名や参加人数、プレイ開始時間などを確認して、ロッカーへ誘導します。プレイが終わったら、会計、チェックアウト業務を済ませ、お客さまを見送ります。質問などを受けることも多いので、適切なご案内をしてより快適に過ごしていただけるよう努めています。交代で事務所内で、電話対応や予約のデータ管理、書類作成などのデスクワークを行います。
  • この仕事を選んだきっかけとは?
  • 高校2年生のときに始めた農産物直売所でのアルバイトで、接客と販売を経験したことがきっかけでした。商品の説明などをする機会があり、お客さまと会話する楽しみを知りました。また、パソコンの授業で先生が資料作成ソフトを使いこなしている様子を見て「かっこいい」と思ったことも覚えています。「卒業したら進学するよりも社会に出たい」と思って目にした求人票に「フロント事務」の募集が。フロント=接客、事務=パソコン、と興味のある分野にぴったりだったので、迷わず求人に応募しました。

  • 仕事のやりがいと喜びを教えてください。
  • お客さまから「ありがとう」「また来るよ」と声をかけていただけるときが一番うれしいですね。自分の名前を覚えてもらえるだけでも十分ですが、苗字だけでなく下の名前も覚えてくださっている方もいて、 本当にありがたいことだと思います。お車までバッグをお持ちしたときに「元気が良くていいね、気に入った!」と言っていただけたときは、本当にうれしくて自信にもつながりました。お客さまのあたたかいひと言がきっかけで、たくさんの方々と楽しく会話できるようになりました。
  • 今社会人として一番大切にしていることは?
  • 言葉づかいはもちろん、話し方や声のトーンにも気を配り、お客さまに気持ちよく施設をご利用いただけるよう心がけています。特に電話の応対をするときには、相手のペースに合わせて、話すスピードや声の高さを調整しています。業務でわからないことがあったらすぐに先輩に尋ねて確認して、あいまいなまま終わらないようにしています。教えてもらったことは全て書き留められるようにメモ帳は必須です。あとで読み返すことができるので、仕事を早く覚えるのに役立っています。
  • これからのビジョンを教えてください
  • 憧れの上司である、下川さんのようになりたいです。下川さんは入社13年の頼りになる先輩。どんな質問をしてもすぐに、わかりやすくて的確な答えが返ってきます。フロントに立つときはテキパキとかっこよく、同僚と話すときは優しくフレンドリー。そのメリハリが完璧で、横で見ているだけで気分が良くなります。だから今年度の目標は、ずばり「メリハリを付ける」です。お客さまによっていろいろな顔を使い分け、常に笑顔を絶やさないプロの接遇を身につけることが目標です。

もともと私は人見知りで、自分から話しかけるタイプではありませんでした。そんな私でもフロントでの受付業務を楽しめているのは、いつもサポートしてくださる先輩や同僚のおかげです。そして何より、広い心であたたかく接してくださるお客さまに支えていただきながら、元気をもらっています。接客の経験がなく、人と接することが少し苦手でも、積極的にチャレンジする姿勢があれば大丈夫です。言葉づかいやマナーなどをしっかりと学べるので、すてきな大人に近づけますよ。

OTHER MEMBER

その他のメンバーはこちら