タニミズホールディングス採用サイトTOP > 仕事を知る > サービスコンシェルジュ(ホール)

KNOW THE WORK

仕事を知る

  • 主にどのような仕事をしていますか?
  • レストランのホールで注文を取り、料理やドリンクをお客さまに提供しています。1日のシフトに入るのは平均5、6人、週末など忙しいときは10名ほどで運営します。よりスムーズに料理を届けられるよう、注文を取る「テイカー」、ドリンクを作る「ランナー」、厨房とのやりとりをまとめる「デシャップ」の3つの役割に分かれています。最大120名までの団体利用もあり、予約が入れば個室を準備します。電話での事前予約受付や予約管理も大切な仕事です。
  • この仕事を選んだきっかけとは?
  • 小さなころから料理やお菓子作が好きで、調理や被服などを学ぶ専門科に進学しました。高校1年生のころ、クレープ屋で調理補助と販売のアルバイトを始めました。お客さまにできたてのクレープを渡す瞬間の笑顔や「ありがとう」の言葉で、人に喜んでもらえる仕事が好きだと思ったんです。そのあと経験したラーメン店でのアルバイトでもお客さまとの会話が楽しくて、「将来は飲食店で接客業に就きたい」と意識するようになっていきました。

  • この会社の良いところは?
  • 入社時期が同じ同僚と励ましあいながら、協力して仕事ができることだと思います。5人いる同期の仲間のなかでも、特に厨房で料理を作る同僚の佐々木さんとは業務中のやりとりも含め、よく話をします。仲間が一生懸命に作った料理をお客さまのもとへ届けるのは、とても重大な役目です。その料理を毎日お客さまに届け、「おいしいよ」と言っていただき、喜んでもらえる。仲間が作った料理だから、一皿一皿の料理を大切にできるのだと思います。
  • 平日の休みが多いと思いますが、休日はどのような過ごし方をしていますか?
  • 自宅でゆっくり過ごすか、友達と買い物や食事に出かけます。大学生の友人もいれば、結婚して子どもが生まれた友人もいます。最近は、子どもが生まれたばかりの友人の自宅に遊びに行くことが多いですね。近況を話したり、一緒に食事をしたり。赤ちゃんの笑顔や寝顔を見ているだけで、とても癒されるんですよね。平日だからこそゆったりと過ごすことができますし、リフレッシュして気持ちの切り替えになっていると思います。
  • これからのビジョンを教えてください
  • どんなときも笑顔でいられる人になりたいです。もっと具体的に言うと、入社以来、ご指導をいただいている福嶋さんが理想の上司です。私は嫌なことがあって気分が落ち込むとすぐに顔に出てしまうのですが、福嶋さんはどんなときでもずっと笑顔なんです。どうしていつもにこやかに人と接することができるのか聞いてみても「特に理由はないよ」と。それほど自然に笑顔でいられて、後輩の私にも優しく接してくれる姿は、まさに私のお手本です。

お客さまとの会話のなかにはたくさんの喜びや発見があります。遠くのテーブルに座っていても名前を呼んで話しかけてくださったり、すれ違ったときに挨拶をしてくださったり。入社してすぐ、あやまってお客さまの腕時計にドリンクをこぼしてしまったことがありました。泣きながらお詫びにいくと「気にしなくていいよ」とやさしく対応いただき、お客さまに支えられていることを改めて実感しました。人と接することで、自分自身も成長できると思います。

OTHER MEMBER

その他のメンバーはこちら