PROJECT

プロジェクトストーリー

  • TOP
  • プロジェクトストーリー
未来は夢見るものではなく、
自ら創り出し、つかみとるもの

Story①:新規企画プロジェクト

ザ・クラシックゴルフ倶楽部
支配人

谷水 大祐

■経歴
2010年 福岡県立福岡高等学校 卒業
2014年 同志社大学政策学部 卒業
2014年 経営コンサルティングファーム 入社
2017年 タニミズ企画株式会社 入社
2018年 ザ・クラシックゴルフ倶楽部 支配人就任

■これまで立ち上げた主な新規企画
・セムグループ杯チャリティープロアマ
・タカギpresentsウィンターチャリティープロアマ
・-女子研修生サポート競技会-ネクストプリンセスカップsupported by 新日本製薬
・日本航空アマチュアゴルフ選手権
・ユナイテッド航空グアムチャレンジカップ
・スターフライヤーpresentsオータムゴルフ選手権
・タイ国際航空アメイジングタイランドカップ

~プロジェクト開発への想い~

自ら仕事を作り、その仕事の中で
自身を成長させる。

大学卒業後、企業の調査や講演会開催を主業とする経営コンサルティングファームに入社しました。

全国各地を回り、様々な企業経営の事例に触れ、多くの成功モデルを学ばせていただいた社会人としての修行時代です。
コンサルティング会社は、実務を行うのではなく資料作成や会議での提案を主な業務とする、言わば黒子という存在。
その中で、自ら企画立案したことが社会で表現されたら、どれほどに市場に受け入れてもらえるのか、評価いただけるのか、自らの腕試しという意味でもすぐに挑戦したいという思いが常々あり、弊社に転籍後すぐに上記の新規企画を立ち上げました。

幸いにも、前職時代にスポーツ産業の情報に触れ、業界誌の連載執筆もしておりましたので、ゴルフ市場動向については入社前からある程度理解しておりました。業界の時流を読み、人的ネットワークを含めた会社の資源を以って、何ができるのか、開発の意義があるのかを考えた際に、行きついた答えは、「九州最大級のチャリティープロアマ大会」の立ち上げでした。

会社としても初めての挑戦となり、運営ノウハウはありませんでしたが自ら試行錯誤しながら収集。
多くの社員が大会運営を通して実務を学び、現在では、大手広告代理店と引けをとれらない運営にあるとご評価いただいております。
前例やノウハウがないことでも、勇気を持って自ら仕事を作り、その仕事の中で学び、自身を成長させることができることを実感いたしました。
この考えを改めて社員と共有し、今も尚、連続的に新しい企画に挑戦しております。

~目の前に立ちはだかった
困難と試練~

提案・交渉を丁寧に積み重ね、
たったひとつのベストアンサーを。

大会立ち上げにあたり、要件は大きく三つ。

一つ目は、大会のご支援をいただくスポンサーの募集です。様々な企業へ提案に上がり、当大会の社会における必要性をプレゼン。
しかし、返ってきた言葉は、「チャリティーを趣旨としたゴルフ大会?お金を渡すことが目的ならば、プロアマ大会という大袈裟なことはせずに、直接寄付に行きなさい。」という回答。
目的・意義がしっかりと定まっていない状態での営業活動となり、企業様から賛同をいただくことができませんでした。
その後、プロジェクトメンバー間で大会の目的・意義をもう一度話し合い、社会的課題の実情や志高きリーダーの価値観を一人でも多くの方に『伝える』ということを中心軸に置いて、当企画を再構成。
「ゴルフ場という人々の集いの場だからこそ、果たせる役割があります!」という言葉を武器に、経済的な支援に加え、大会プログラムの中に想いや価値観を“伝えるコンテンツ“を設けることにより、多くの企業様の否定が賛同へと変わっていきました。
以降、人々の心を動かす共感性のある企画理念や目的・意義をしっかりと固め、掲げた言葉と統合性のある大会プログラムを展開するよう心掛けております。

二つ目は、大会ホステスとなる女子プロゴルファーのキャスティング。
近年のゴルフ界は空前の女子プロブーム。
全国各地から引っ張りだこで、スケジュールがとれない、出演金額も高騰しているという状態にありました。
エージェントを通せば、一定数のプロは集まりますが、予算上採算が合いません。
そこで、この場で詳しくご説明することは難しいのですが、ゴルフ場とプロゴルファーにおける新しい概念を含んだ契約形態を考え出し、数多くの人気女子プロとの関係性構築に成功。
おかげ様で、第一回大会から15名を超える華やかな女子プロたちにお集まりいただきました。

三つ目は、苦労話ではないのですが、当チャリティープロアマ大会にご参加いただくアマチュアの募集。
おかげ様で、大会情報の公開後3日で100名満席という結果を得ることができました。
どれほどに大会メッセージをお持ち帰りいただけたのかは図り切れませんが、満足の声を多数頂き、今も尚多くのお客さまがこの大会をリピートしてくださっています。
私どものチームでは、このような社会性のある大会開発に加え、大手航空会社様を中心に、各企業様の商品・サービスを訴求することを目的としたPR型ゴルフコンペも数多く立ち上げております。
全ては私たちからの提案から始まります。
ゴルフ場だからこそ果たせる役割は何か、という自問を起点に提案を進め、今後も様々な産業とお付き合いを広げていきたいと思っております。

~成長の実感とやりがい~

想いが伝播し、
共感の連鎖が生まれる瞬間。

チャリティープロアマの目的・意義は、伝えること。言葉を換えれば“想いの共有”にあるとお答えしましたが、大会設立の役割を少しは果たせたのではないかと思う出来事がありました。

第一回大会は、環境に恵まれない幼児を預かる児童養護施設の応援をテーマとしていたのですが、大会参加を通して子供たちの厳しい環境を知った関西出身の女子プロゴルファーの方が自ら自発的に手を挙げ、女子プロゴルフ界で衣服を集めて、幼児たちへ寄付したいと旗を振っていただきました。
その運動は、SNSで大きく拡散されて、ひとつの社会運動になったのです。全国各地から何箱にも及ぶ志が集められ、忙しいツアースケジュールの中、当プロ本人の手で施設に寄贈されました。

私たちが掲げた理念、目的意義が一人に伝わり、共感という輪が連鎖的に広がっていく光景を見せていただき、改めて仕事のやりがいを実感いたしました。

その他、多くのメディア様にも大々的に取り上げられ、大会に参加されていないお客さまからも多くの関心のお声がけをいただきました。
私たちにできることはまだまだ微力ですが、社会的に意義のある仕事を立ち上げ、一人でも多くの方を巻き込み、より良い未来を築く、その一助になれればと思います。

〜次なる挑戦〜

期待と誇りを持てるゴルフ産業へ

国内スポーツ産業の中では圧倒的に大きな産業となっておりますが、近年、ゴルフ人口の減少や市場の衰退が叫ばれ、目立った新規参入もない状態が続いております。
その中で、今後の国内ゴルフ市場には期待は持てないという声を多方面から耳にしますが、考え方・熱意・知恵の持ちようによっては、このような斜陽産業においても永々と発展を遂げることができると信じています。

国家再興戦略として、スポーツ市場を現在の5.5兆円から15兆円へ引き延ばす方針を政府が発表しましたが、ゴルフ市場もその一助になり得ると考えています。
オリンピックや世界水泳、ワールドマスターズゲームズ等をきっかけに、世界中からインバウンドゴルファーを誘引する。
一人世帯社会が進む中で、クラブというコミュニティが心の憩いの場となる。健康志向・自然志向のライフスタイルへの兆候も確かに存在しています。
潮流に合わせて適応できれば、まだまだゴルフ産業にも役割があり、市場を築くことができると思うのです。

弊社で働くチームメンバーと共に産業の未来を構想し、世の中に求められる企画を練って、それらを丁寧に育てていく。
その延長線上には、新規事業も見えてくることでしょう。60年以上続くゴルフの老舗専門企業として旗を掲げ、我が産業の未来に想いを馳せていただけるようなワクワクできるゴルフ関連新規事業を、ここ福岡から誕生させていきたいと思います。

Story②:新規事業開発プロジェクト

経営企画部
常務取締役 経営企画部長

佐野 智幸

■経歴
1979年 久留米大学附設高等学校 卒業
1984年 東京大学 工学部 卒業
1984年 日本航空株式会社 入社
2012年 タニミズ企画株式会社 入社 経営企画・人事部長
2015年 同 取締役就任
2017年 同 常務取締役就任

■これまで立ち上げた主な新規事業開発プロジェクト
・採用、人事、経理、教育等における、全社標準化
・発生主義管理会計の導入
・合宿形式の新入社員研修の導入
・キャディ業務マニュアル(グリーンメイト・マニュアル/GMM)の制作
・社内報(Tee Time)の創刊
・自然派ビュッフェレストラン「リタの農園」(障がい者就労継続支援A型)の開業
・リクルートのための、キャディ、コース管理の仕事紹介ビデオの制作

~プロジェクト開発への想い~

障がい者を
「受給者」から「納税者」へ

とあるきっかけで、世の中には働く意欲と能力を兼ね備えた障がい者が沢山いるにもかかわらず、彼ら彼女らが持てる力を発揮し、経済的に自立できる職場が圧倒的に不足している、ということを知りました。
同時に、障がい者の中には年金や助成金に守られて働かなくても良い風潮も一方ではあるとも。

我が社ではこれまでも様々なチャリティーコンペを実施する等、CSV(Creating Shared Value)活動に積極的に取り組んできた経緯があり、我が社の強み、経験を生かして「障がい者が働き甲斐・生き甲斐を持って働く」ということについて何か貢献できることはないか、我々の力で彼らの働く場所を提供し、また、ただ守られるだけでなく、働くことの喜びというものを教えることができないか、というのがこのプロジェクト開発のそもそものきっかけです。

そこで思いついたのが、私どものゴルフ場にはレストラン経営のノウハウがあることから、彼らの働くレストランを開業しては?ということ。
ただし、プロジェクト開発の目的をきちんと達成するためには、障がい者をただ守るための障がい者施設としてのレストランではなく、競争相手は天神・大名にある一般のレストラン、かつお洒落でお客さまで溢れ、障がい者が働き甲斐や自信が持てるレストランにする、と決めました。
そして、それを実現するためには、個別に注文を受ける必要がないビュッフェレストランであれば、障がい者でも十分な戦力として働くことができるのでは?また、地元の野菜をふんだんに使い、彼らの手作り料理を提供すれば多くのお客さまに喜ばれるのでは?ということに行きつき、「障がい者を受給者から納税者へ」を合言葉に、プロジェクトのスタッフ皆で数々の障がいを乗り越えながら、2014年3月25日、福岡市博多区のベイサイドプレイス博多に、自然派ビュッフェレストラン「リタの農園」(就労継続支援A型事業所)をオープンさせることができました。

~目の前に立ちはだかった
困難と試練~

何もかにもが初めての経験

レストラン経営のノウハウはあるものの、当然のこととして「福祉」の世界は全く初めてのこと。見た目はレストランでも、中身は障がい者福祉施設であることから、これまでのレストランの常識や手続きが通じず、開設までの道のりは困難を極めました。

先ず何処でどのような店を出すかということについて、望ましい候補地が決まれば、次に普通であれば費用も時間もかからない居抜き物件を探せば早いのですが、「リタの農園」の場合、健常者の数倍の人数で運営することから、色々な物件を見て回っても通常の物件では特に厨房の面積が狭すぎるものばかり。 結果、居抜き物件では使い物にならないことが判明。 かといって新築ではリスクが高すぎることから、最終的に今のベイサイドプレイス博多のフードコートの各店舗を全てぶち抜いてひとつの大きな厨房として活用する、というアイデアに何とか落ち着きました。

また、役所の考え方は、レストランである前に障がい福祉施設であるとのことから、消防、建築、それぞれに飲食店から福祉施設への用途変更の手続きが必要となり、また特にベイサイドプレイス博多がある地域は臨港地区で、臨港地区には港湾労働者向けの飲食店があっても良いが福祉施設があるべき場所ではない、とのことから、市の港湾局からの開業を承認してもらうまでかなり手間取り本当に苦労しました。

そして、本丸である障がい福祉施設として指定をいただくためのペーパーワークは、見聞きしたこともない超難解な言葉だらけ、かつ膨大な量に圧倒されるとともに、何とかオープン前に指定をもらわねばとの思いで、市の担当者のところへ日参する毎日。
2013年の春過ぎから上記のようなことに奮闘する日々でしたが、2014年3月1日、ようやく障がい者就労継続支援A型事業所として指定を受けることができました。

~成長の実感とやりがい~

人に喜ばれる仕事ができた幸せ
そして優しくなれる自分

障がい者就労支援A型事業所の指定を受け、またリタの農園を開業するまでの道のりは困難を極めましたが、それらをやり遂げた達成感というものは然程ありませんでした。
それよりも、正直、利用者さんたちの働き甲斐、生き甲斐をこれからも提供し続けていかなければならない責任ができた、との思いの方が強かったです。
ただ、利用者さんたちから「リタの農園を作ってくれてありがとう。自分に合った職場を提供してくれたことに感謝し、そして沢山のお客さまに来ていただきたい。」との言葉を聞いた時には感極まり、人に喜ばれる仕事ができた幸せ、というものを心から実感した瞬間です。それが達成感といえば達成感かもしれません。
そしてリタの農園をこれからもっともっと発展させ、利用者さん、お客さまに幸せになっていただくことが、今の仕事のやりがいの大きなひとつです。

そして、利用者さんたちは本当に素直で、仕事に一生懸命です。仕事ができることに感謝し、お客さまに喜ばれる幸せを素直に喜ぶ。 そんな彼らと時間を共有できることが私自身とても幸せですし、彼らと一緒にいると、人間の本来持てつべき優しさというものを思い出させてくれるんです。 ゴルフ場にいる時は口喧しい、厳しい上司かもしれませんが、リタの農園に行き、彼らの素直な笑顔に接すると、自分でもおかしい位に優しい自分になれるんです。

~次なる挑戦~

働く喜び、生き甲斐をさらに
広げていきたい

リタの農園もおかげさまで多くのお客さまに支えられ、利用者さんの数も今では定員の30名にほぼ達している状況です。
ですから、プロジェクトのスローガンである「障がい者を受給者から納税者へ」も、今のままではこれ以上拡大できないことから、今後、リタの農園の第2号、第3号と増やして、より多くの障がい者に働く喜び、生き甲斐を感じていただいたと考えています。

と同時に、リタの農園の様にレストランではなく、我が社の本業のゴルフ場において、障がい者の皆さんが活躍できる方法はないか、ということについてもっともっと研究して、タニミズホールディングスを彼らと共に成長できる会社にしていきたいと思っています。

それにはもっと沢山の若い力が必要ですので、明るく前向きでエネルギッシュな若者が我が社に来ていただき、共に汗を流していきたいと切に願っています。

Story③:メジャートーナメント誘致プロジェクト

経営企画部

倉持 真咲

■経歴
東海大学付属第五高等学校(現 東海大学付属福岡高等
学校) 卒業後、新卒第一号としてタニミズ企画株式会社へ入社

■タニミズ企画がこれまで誘致したメジャートーナメント
・1995年 日本女子プロゴルフ選手権
・2017年 日本シニアオープンゴルフ選手権
・2020年 日本女子オープンゴルフ選手権

~大会誘致への想い~

“やってみたい”の一言から
大舞台への物語が始まった。

タニミズ企画では、年に一度役職者が集まって、中長期的なビジョンを描き共有するためのビジョン会議という行事があります。
この会議は、堅苦しいものではなく、お茶を飲みながら和気あいあいとした雰囲気の中で時間が進んでいきます。
アイデアの実現可能性は二の次で、まずは社員一人ひとりが取り組んでみたいことを惜しみなく発表することを趣旨としています。

ゴルフ業界では、女子プロゴルフが隆盛し始めたある年。いつも通り、皆でテーブルを囲んで、未来構想をブレストしていました。
経済性のあるアイデア、社員がもっとこの会社で働きたくなるようなワクワクする企画が次々と挙げられる中、取締役の八尋が、「1995年に日本女子プロをやったので、今度は日本女子オープンをやってみたいです」と。
その瞬間、会議室の空気感が変わったことを今でも鮮明に覚えています。

それもそのはず、日本オープンとは、日本で最も権威のあるトーナメントとして評価されており、中でも女子部門誘致は全国のゴルフ場の憧れです。
過去の実績を見ても、地方となる九州に日本女子オープンが回ってきたのは、50年の歴史の中でたった一度きり。
ここ数年の開催クラブリストを見ても、50年から100年の歴史を刻む伝統ある名門クラブしか採用されていなかったのです。

この一言がきっかけとなり、私たちは20年ぶりに国内最高峰のトーナメント会場として日本ゴルフ協会に立候補し、結果、2020年の開催が現実となったわけですが、大会事務局を選任するに当たり、1995年の日本女子プロの経験がある私に白羽の矢が立ったわけです。
後日談ですが、代表の谷水が八尋が女子プロを言い出した時、「八尋さん、とんでもない意見を出しよったな」と内心仰天したことを話してくれました。

~目の前に立ちはだかった
困難と試練~

ロマンを共有し、
アゲインストの風を突破する。

プロトーナメントの中でも最もステータスのある日本オープンを誘致するには、通常のプロツアーとは異なる様々な高い要件を満たす必要があります。
戦略性のあるゴルフコース設計となっていることはもちろんのこと、天然芝で十分に距離がとれる打球練習場の有無や周辺にギャラリー駐車場が数千台分確保できるかどうか、更にはクラブの運営状況やこれまでの大会実績等も選定条件として考慮されます。
加えて、ゴルフクラブの会員様や地域の皆様のご理解も不可欠なのです。

この話を社外に掲げた際に、「まだこの大会を誘致できるレベルにはない。」「お金の使い道が他にもあるのではないか」と厳しい意見を集中的にお預かりしました。
アゲインストの風が吹く中で、私たちは懸命に「一生に一度できるかどうかの夢の舞台です。ぜひ九州に一流のトーナメントを誘致し、お客さまや地域の皆様と一生の記憶を共有したいのです。経済貢献や街の魅力発信等、必ず意義のある大会にしてみせます。」と力みながらプレゼンテーションを繰り返し、支持をいただくことに努めました。

一年以上にわたる周囲関係者との交渉の末、多少の背伸びはしたもののホスト会場として立候補することを認めていただきました。
全国から沢山の名門クラブが候補として名を連ねる中、外部からはクラブの歴史やこれまでの実績から見て絶対に無理だろうとの前評判でしたが、オリンピックイヤーとなる2020年の日本女子オープンのホスト会場として日本ゴルフ協会より選出いただきました。

創設から30年にも満たないゴルフクラブが当大会をホストすることは異例であり、全国メディアにも“空前絶後の大抜擢”と大きく記事に取り上げられたことを覚えています。その紙面を見た時は、思わずガッツポーズが出てしまいました。

~挑戦の日々は続く~

一生に一度の大舞台。
キャリアの全てを
ここに表現したい。

日本女子オープンの誘致が決定したその後は、大舞台に相応しいゴルフコースを造るために、スコットランドの造成家に依頼をしてコース改造に着手したり、大会を支援してくださる協賛企業の募集活動に走り回ったり、その他大会オフィシャルグッズの企画制作等、より一層忙しい日々を過ごすこととなりました。
全てが初めてのことで、多少の遠回りがあったとは思いますが、プロジェクトチームのスタッフとミーティングを繰り返し行い、ひとつひとつクリアしていきました。
大会準備活動を進める中で、会員様や地域の皆様から「よくこのような素晴らしい大会を誘致できたね。ロマンをありがとう」「このゴルフクラブは、私の人生の誇りだよ」といったゴルフ場で働く人にとってこの上ないお褒めの言葉をお預かりし、今でもその言葉が私たちの大きな推進力になっています。

2020年10月、夢に見た日本女子オープンが私たちのゴルフクラブで開催されます。
ゴルフ場で働く人の中で、当大会に関わることができるのは、おそらく全体の1%くらいではないでしょうか。
私は、新卒でタニミズ企画に入社してこれまで数えきれない程のつらいことや悲しいこともありましたが、今思い返せば、この夢舞台に通ずる道であったと心の底から思い、誇りを持ってお仕事させていただいております。
一生に一度の大舞台、日本全国のゴルフファンに興奮と感動をお届けする大会となるよう、タニミズ企画での経験やお客さまから教えていただいた学びを全て発揮して、全社一丸となって駆け抜けていきたいと思います。

OTHER CONTENTS